物流コラム

INFORMATION

DCとは

パレット
物流コラム

DCとは

近年のEC伸展により、物流拠点(物流センター)が大きくクローズアップされるようになりました。エンドユーザーとなる消費者の近くに物流拠点を配することで、受注後、保管されている商品を短時間で出荷する必要性が高まりを見せています。

DCとは

DCは物流センターの役割のひとつ、正式名称はディストリビューションセンター(Distribution Center)といいます。商品を在庫することを前提とし、「在庫型センター」の機能を持ちます。センター内に保管されている商品を、店別・方面別に仕分け(ピッキング)を行います。

物流センターのなかでも最も一般的なタイプがDCとなりますが、物流にはTC(トランスファーセンター)という概念もあります。「通過型センター」とも呼ばれ、仕分けや積み替えといったクロスドッキングを行うための物流センターです。入荷された商品は保管せず、直接仕分け作業に回され、次の納入先へ輸送されていきます。

DCのメリットとデメリット

DCは在庫を保管しているため、ユーザーからの急なオーダーであっても対応することができます。また、保管スペースを保有することで、大ロットでの一括購入が可能となり、調達物流コスト削減やボリュームディスカウントによるコストダウンが可能となります。

在庫を持つことは資産を保有することになります。過度な在庫保有はキャッシュフローに影響を与えることとなるほか、定期的な棚卸作業などの資産管理業務が発生します。

また、センター内には在庫を保管するスペースが必要となるため、ラックやネステナーなどの機器が必要となり、導入コストがかかる場合があります。

UPRのレンタルパレットサービスについて

サイズはJIS11型から14型、仕様はプラスチックパレットや木製パレット、保管効率を上げるネスティングラック、カゴ車など多種多様なレンタルアイテムを取り揃えお客様の様々なニーズにお応えします。

全国13ヶ所の営業所で地域密着型のきめ細かいサービスをご提供。また、パレットの保管基地であるデポを全国170ヶ所に配備し、急な需要にも、整備された良質なパレットをご提供致します。弊社デポとご利用先が近いとレンタル時、返却時の輸送コスト削減にも繋がります。