コラム
IoTソリューション

COLUMN

物流機器・輸送機器のレンタル | upr > IoTソリューション > IoTコラム > 無線モジュールとは?IoTデバイスを簡単に無線化できる電子部品

   

無線モジュールとは?IoTデバイスを簡単に無線化できる電子部品

無線モジュールとは?導入することでIoTデバイスの開発をスピードアップ

無線モジュールとは?IoTデバイスを簡単に無線化できる電子部品

無線モジュールとは?IoTデバイスの無線利用に欠かせない電子部品

無線モジュールとは、無線通信に必要な機能がそろった電子部品です。

無線チップや周辺回路だけでなく、通信に必要なソフトウェアも付属しているため、無線モジュールを組み込むだけで、機器や製品に無線通信機能を持たせることができます。

そのため、近年ではIoTデバイスへの利用が進んでいます。

無線モジュール利用の2つのメリット

無線モジュールを利用することで、2つのメリットが得られます。

無線回路やソフトウェアを自社設計しなくて済む

無線回路やソフトウェアを自社開発する場合、とくに無線機器開発の経験が少ない企業であれば、開発ボリュームが肥大します。

無線モジュールを利用すれば、無線回路のチューニングや、ソフトウェアの新規設計は必要ありません。そのままIoT機器に組み込めるため、ほかの工程に工数をかけることが可能です。

技適や標準規格の認定作業がいらない

無線通信機器を開発する場合、一般社団法人電波産業会が定める「標準規格(ARIBスタンダード)」と、「技術基準適合証明(技適)」の2つを取得しなければ、電波を利用することができません。

無線モジュールはあらかじめ認定を受けているため、新たに対応する必要はありません。

IoTデバイスに最適な無線モジュールとは?利用する無線帯域に注意

IoTデバイスに無線モジュールを組み込む際は、無線帯域の選定に注意しましょう。デバイスでやりとりするデータの種類によって、最適な無線帯域は異なります。

たとえば、映像や音声など比較的大容量なデータを送受信するのであれば、Wi-FiやBluetoothと同じ2.4GHzの無線帯域を利用するのが一般的です。逆にセンサーなどで容量の小さいデータを集めるIoTデバイスの場合は、障害物に強く、電波の到達性に優れる920MHzの無線帯域が向いています。

IoT機器が使うデータの種類に合わせ、最適な無線モジュールを選びましょう。

無線モジュールの導入でIoTに対応した機器を効率よく開発できる

今回は、無線モジュールの特徴や、IoT機器に組み込むメリットについて解説しました。無線モジュールを利用すれば、IoT機器の開発工数を下げられます。IoTデバイスに組み込む際は無線帯域に注意しましょう。

その他のコラム

IoTプラットフォームとは?種類や選び方のポイントを解説

IoTプラットフォームとは?種類や選び方のポイントを解説

詳しく見る

トレーサビリティとは?製品やサービスの品質管理に欠かせない「追跡システム」

トレーサビリティとは?製品やサービスの品質管理に欠かせない「追跡システム」

詳しく見る

Raspberry Pi(ラズベリーパイ)とは?IoTも含めた3つの活用事例を紹介

Raspberry Pi(ラズベリーパイ)とは?IoTも含めた3つの活用事例を紹介

詳しく見る

IoTシステムで実現できることとは?適用シーンと併せて解説

IoTシステムで実現できることとは?適用シーンと併せて解説

詳しく見る

IoTソリューションの意味や導入事例を詳しく紹介

IoTソリューションの意味や導入事例を詳しく紹介

詳しく見る

~SERVICE~ 関連サービスの御紹介

  • モノならなんでも追跡システム【なんつい】
  • IoT/M2Mプラットフォーム【UPR OCEAN】

サービス一覧

ご導入の流れ

豊富なIoTのノウハウで、現場のお困りごとを解決。
ユーピーアールのIoTソリューション。

uprのIoTに関するお問い合わせは
こちら

お問い合わせ