IoTソリューション導入事例

CASE STUDY

【IoT導入事例】
ガスボンベの残量把握で欠品防止・コスト削減

【IoT導入事例】ガスボンベの残量把握で欠品防止・コスト削減

【IoT導入事例】ガスボンベの残量把握で欠品防止・コスト削減

ガスボンベの残量を把握することの重要性

ガスボンベの充填配送を効率的におこなうためには、ガスボンベの消費量に基づき、あらかじめ配送計画を立てることが大切です。ガスボンベの残量を正確に把握することで、効率的な充填配送計画を立て、巡回効率を改善できます。

また、急なガス使用量の増加や、巡回時の配送ミスや入力ミスにより、ガスボンベの残量がなくなる可能性があります。ガスボンベの残量をリアルタイムに把握すれば、欠品を未然に防げます。

  • ガスボンベの残量は自分で確認できない

ガスボンベの残量は、外部から中身が見えないため、原則として自分で確認できないようになっています。ガスボンベの残量を確認するには、まずガスボンベの重量を測り、ガスボンベが空の時の本体重量を引く必要があります。しかし、顧客が自分でガスボンベの重量を測るのは困難です。たとえば、プロパンガスの場合、ガスボンベ本体が転倒防止金具で固定されているため、ガスの重量を計測するのは容易ではありません。また、ガスボンベ本体に重量があるため、事故やトラブルにつながる恐れがあります。ガスボンベの残量を正確に把握するためには、デジタルボンベ計量器などの器具が必要なため、顧客にとって負担が大きくなります。工業用のガスボンベの場合、溶接金属のブローホールの発生や、圧力計の表記を判断基準の1つにできますが、正確な残量を把握するのは困難です。このようにガスボンベの残量は自分では確認できず、計測作業は顧客にとって負担がかかります。そのため、いかに企業側がガスボンベの残量を把握し、顧客をきめ細かくフォローしていくかが大切です。ガスボンベの状態をリアルタイムに把握できれば、残量が急になくなってしまうような事態が発生しません。

  • ガスボンベを急に使いきってしまう事態を防ぐ

それでは、ガスボンベが急になくなってしまった場合、どのようなリスクがあるのでしょうか。たとえば、溶接に使う炭酸ガスの場合、ガスボンベの残量がゼロになると、溶接部分のブルーホールや、アーク溶接機の異変が発生します。しかし、家庭用のプロパンガスもふくめて、より注意が必要なのは顧客満足度の問題です。ガスボンベを急に使いきってしまい、欠品が発生すると、顧客は急いで補充のための連絡をしなければならず、顧客満足度の低下につながります。ガスボンベの欠品を防ぐために配送計画を立てるのが一般的ですが、急なガス使用量の増加、配送時の人的ミスなど、ガス切れを完全に防止するのは困難です。

また、ガスボンベの残量が急になくなった場合、ただちに充填配送をおこなわなければなりません。ガスボンベの充填配送が頻繁に発生すると、本来の充填配送計画に影響が出る可能性があります。ガスボンベの欠品を防ぐため、巡回を頻繁におこなう企業もありますが、現場の業務負担が圧迫され、長時間労働化につながる恐れもあります。

そのため、ガスボンベの残量をリアルタイムに把握し、顧客がガスボンベを急に使いきってしまうような自体を防ぐ仕組みが必要です。

ガスボンベの使用に関する課題

納品したガスボンベの酸素・窒素等の使用量を把握し、欠品の防止、充填配送の効率化を実現する

ユーピーアールの要素技術で残量を把握

  • 定期メール・閾値を超えた場合のアラートメールを送信
  • パソコン・スマホ・タブレット等からWEB上で常時確認OK
  • 携帯電話網の利用により、LAN環境不要&接続即使用可能
  • 高い通信セキュリティ&データ記録管理(2年間)

導入の効果

  • 欠品を防ぎ、顧客満足の向上を実現できた
  • 広域複数拠点への巡回回数を抑え、コストを大幅に削減できた
  • リアルタイムで利用量を把握し、効率的な充填配送計画と仕入計画を実現できる
  • 過去のデータを活用し、拠点ごとの利用傾向の把握が可能した

ユーピーアール選定ポイント

  • 通信デバイス、システム開発に知見のある企業に依頼したかった
  • 導入コストを下げたかったためスクラッチ開発ではなく遠隔監視パッケージシステム(なんモニ)の流用をしたかった

ユーピーアールのIoTを導入した企業事例

ユーピーアールは、スモールスタートで導入可能なさまざまなIoTパッケージを提供しています。ユーピーアールのIoTパッケージを導入した企業事例を2点紹介します。

  • 医薬品のトレーサビリティを実現した中央運輸株式会社様の事例

中央運輸株式会社様の事例では、医薬品輸送の位置情報や温度のトレーサビリティを実現するため、IoTパッケージを導入しました。こちらの事例では、GDP(医薬品の適正流通)への対応のため、積地から輸送先までの間、医薬品の厳格な温度管理を実現する必要がありました。

輸送中の温度管理には、温度計測機能のある追跡システムを使用します。しかし、こちらの事例では輸送の際に協力会社のトラックも使用するため、据付型の追跡システムではなく、取り外し可能なモバイル型の追跡システムが必要でした。また、温度管理を一元化するため、各営業所でデータを管理するのではなく、本社でデータを一括管理できる仕組みが必要でした。

ユーピーアールの提供するIoTデバイス「なんつい」は、取り外し可能なモバイル型のため、温度管理機能のない協力会社のトラックでも、厳格な温度管理を実現できました。また、「なんつい」は設置した場所の位置情報や温湿度データをリアルタイムに取得できるため、従来よりも温度逸脱時の初動対応が迅速化しました。

結果として、GDPを遵守した高いレベルの医薬品輸送を実現でき、医薬品の品質管理に厳格な荷主企業の信頼を獲得できました。

  • 液体洗浄装置の遠隔監視を実現した株式会社アメロイド日本サービス社様の事例

株式会社アメロイド日本サービス社様の事例では、ユーピーアールのIoTパッケージの導入により、ユーザーに提供する液体洗浄装置の稼働監視を実現しました。

こちらの事例では、これまで納入後の製品の稼働状況を追跡する仕組みがなく、トラブルの電話があるたび、担当者がそのつど対応に出向くといった状況でした。そのため、顧客ごとのメンテナンス履歴を蓄積しづらいという課題がありました。また、現場の従業員から、出張対応ではなく、事務所での遠隔監視をおこないたいという声が上がったため、ユーピーアールの遠隔監視パッケージ「なんモニ」の導入を検討しました。

「なんモニ」は、セキュアな3G(閉域網)やイーサネット通信により、監視対象の設備の稼働状況をリアルタイムに遠隔監視できるIoTパッケージです。「なんモニ」を導入した結果、納入後の液体洗浄装置の稼働状況をワンストップでモニタリングできる仕組みを構築できました。

「なんモニ」の端末が、リアルタイムに閾値判定をおこなうため、異常発生時は即座にアラート検知が可能です。また、「なんモニ」を通じて製品データを収集・蓄積することで、故障原因の分析にも役立ちました。顧客ごとのメンテナンス履歴もデータベース化できるため、顧客対応の精度も向上しました。

まとめ

ガスボンベの残量をリアルタイムに防ぐことで、欠品を防ぎ、顧客満足度の低下を防ぐことができます。また、正確なガス消費量をもとに効率的な充填配送計画を立てられます。とくに広い範囲の地域で充填配送をおこなう企業の場合、業務効率化のため、ガスボンベの残量を把握する仕組みが必要です。

ユーピーアールの遠隔監視パッケージシステム(なんモニ)なら、スモールスタートでガス残量のリアルタイム監視を実現できます。

その他事例

【活用事例】 食品衛生法における温度管理の重要性と課題を解説

【活用事例】 食品衛生法における温度管理の重要性と課題を解説

詳しく見る

【IoT活用事例】HACCPに基づく衛生管理をIoTパッケージで運用

【IoT活用事例】HACCPに基づく衛生管理をIoTパッケージで運用

詳しく見る

【活用例】PLC(シーケンサ)の仕組みとは?用途や導入メリットを紹介

【活用例】PLC(シーケンサ)の仕組みとは?用途や導入メリットを紹介

詳しく見る

IoTソリューション導入事例

HACCP スマート工場 物流IoT

~SERVICE~ 関連サービスの御紹介

  • モノならなんでも追跡システム【なんつい】
  • IoT/M2Mプラットフォーム【UPR OCEAN】

サービス一覧

ご導入の流れ

豊富なIoTのノウハウで、現場のお困りごとを解決。
ユーピーアールのIoTソリューション。

uprのIoTに関するお問い合わせは
こちら

お問い合わせ

物流機器・輸送機器のレンタル | upr > IoTソリューション > 導入事例 > 【IoT導入事例】ガスボンベの残量把握で欠品防止・コスト削減