コラム
IoTソリューション

COLUMN

物流機器・輸送機器のレンタル | upr > IoTソリューション > IoTコラム > 3Gモジュールとは?3つの導入メリットと具体的な活用事例を紹介

   

3Gモジュールとは?3つの導入メリットと具体的な活用事例を紹介

3Gモジュールとは?導入すれば日本全土どこでも3G通信が可能

3Gモジュールとは?3つの導入メリットと具体的な活用事例を紹介

3Gモジュールとは?3G回線の利用で3つのメリットが得られる

どこでも無線通信が可能

3Gモジュールを搭載すれば、Wi-Fiやスマートフォンを利用しなくても、その機器だけで無線通信が可能です。そのため、単独で無線通信機能をもたせたい場合に適しています。

軽量小型のため機器の負担にならない

3Dモジュールは小型のため、ほとんど重量がありません。機器の負担にならないため、ドローンのような重量制限のあるIoT機器にも搭載できます。

3G回線は日本全土どこでも使える

携帯電話の3Gサービスの普及にともない、3G回線はグローバルに利用できます。日本国内でも、ほとんどの場所で3G回線を利用できます。3Gモジュールを導入すれば、場所の制限を受けず、さまざまなサービスを実現可能です。

3Gモジュールの活用例と導入効果

3Gモジュールを搭載したIoTデバイスには、多くの活用例があります。ここでは、そのなかから3つの事例を取り上げてご紹介します。

車両管理を自動化で稼働状況を「見える化」

車両の使用状況や整備状況などを管理する「車両管理」は、車両の台数が増えれば増えるほど、手作業であれば手間がかかります。

3Gモジュールを車両に搭載すれば、こうした作業を自動化できます。たとえば、ドアの開閉状況や、車両の現在位置を3G回線で送信することで、車両の稼働状況を「見える化」できます。

また、温度センサーや湿度センサーと組み合わせることで、車両が安全に走行しているか確認でき、緊急の場合は運転手に通知することもできます。手間やコストを削減し、車両管理を大きく効率化することが可能です。

防犯カメラと組み合わせた自動監視

また、防犯カメラに3Gモジュールを取付け、異常を検知した場合に知らせるサービスも稼働しています。

現地の状況をスマートフォンやタブレットなどですぐに確認できるだけでなく、3G回線を通じて遠隔操作することで、遠く離れた場所から警報を鳴らすことも可能です。

山林など人里離れた場所のモニタリング

3Gモジュールの利点は、広く普及した3G回線を利用できる点です。山林など人里離れた場所であっても、3Gモジュールを使用したIoTデバイスなら通信可能です。

山中に3Gモジュールを搭載した監視カメラを取り付け、監視を行っている事例や、温度や湿度などのセンサー機器で環境モニタリングを行っている事例があります。

3Gモジュールの導入で日本全土どこでも機器や製品をIoT化できる

今回は、3Gモジュールの導入メリットや活用例を解説しました。3Gモジュールは小型軽量で、日本全土どこでも3G通信が可能です。車両管理や自動監視をはじめ、人里離れた場所のモニタリングにも活躍しています。

その他のコラム

飲食店のIT活用による業務効率化

飲食店のIT活用による業務効率化

詳しく見る

HACCP(ハサップ)とは?認証のメリット

HACCP(ハサップ)とは?認証のメリット

詳しく見る

飲食店におけるHACCPへの対応

飲食店におけるHACCPへの対応

詳しく見る

駐車場の防犯・セキュリティ対策

駐車場の防犯・セキュリティ対策

詳しく見る

駐車場の稼働率向上・計算方法

駐車場の稼働率向上・計算方法

詳しく見る

~SERVICE~ 関連サービスの御紹介

  • モノならなんでも追跡システム【なんつい】
  • IoT/M2Mプラットフォーム【UPR OCEAN】

サービス一覧

ご導入の流れ

豊富なIoTのノウハウで、現場のお困りごとを解決。
ユーピーアールのIoTソリューション。

uprのIoTに関するお問い合わせは
こちら

お問い合わせ