お問い合わせ
LOGISTICS IoT SOLUTION
物流IoTソリューション
【IoT活用事例】ホテルへのIoT導入による人件費最適化

【IoT活用事例】
ホテルへのIoT導入による
人件費最適化

想定される課題

従来、ビジネスホテルは稼働率75%~80%くらいでほぼ満室とされる業界です。 
ところが、官公庁の発表では現在のビジネスホテル業界は85%近くと普段に比べてかなりの高稼働率にも関わらず、大手各社の利益は伸び悩んでいます。

原因として考えられることは、「ホテル産業」は装置産業であり、建物を作ってからは稼働率以上に利益を上げる方法は単価を上げるしかありません。 
また、満室といわれる状況より高稼働率の状況で利益が伸び悩んでいるという背景には、「人材不足」と「人件費高騰」が考えられます。

ほぼ満室状態が続いているとはいえ、その中でも競争は発生しているので値上げ等は断行し難いところです。そのような現状の中で、サービス等の品質によって競争に勝ち残っていくのは至難の業です。 
特にホテルの清掃員はホテルの利用者の満足度に密接に関わっているにも関わらず、担い手が少ない傾向があります。そのため繁忙期においては人材の取り合いになり、人材不足に合わせて人件費まで高騰し始め「忙しいのに儲からない」という状況が発生し始めています。

そういった状況のなか、今後ホテル業界に求められるのがIoT化による人件費の最適化であると考えられます。

システム構成・要素技術

廊下

ここでは、ホテル業界でのIoTによる効率化で考えられる例を紹介します。

・清掃業務に必要な空室、在室、清掃待ち、等のステータスが常時確認できるようにスマートウォッチのようなウェアラブルデバイスをリネンモニターにする。

・通常は、数フロアに一つバックヤードに備えているリネンルームに、管内の共聴設備を利用してモニターに映像を出力する形式が多い。

・ウェアラブルデバイスや、スマートフォン等の無線通信機となり得るパーソナルデバイスであればすぐに確認できる。



・館内に存在するWi-fi設備等を利用してデータの送受信を行う。

・各清掃員に個別の公衆無線回線を支給すると非常にランニングコストが高騰してしまうが、ビジネスホテルで普及している館内無線LANを利用することで、ネットワーク回りで新たな設備投資、ランニングコストの発生を抑える。



・リネンモニターの様な、ホテルの客室管理システムと密接に関わる商材の場合には新たなシステムを乱立させるより、既存システムとの共存を考える方が効率的。

・ビジネスホテルにおける客室管理システムは、通常「在室」「空室」「清掃待ち」「清掃中」「売り止め」等のステータスを管理しているため、ホストコンピュータシステムの画像をそのままモバイルデバイスに出力することで特別なアプリケーションの構築無しに清掃情報を個々人に送信することができる。



・ビジネスホテルでは殆どの宿泊客が予約をしてから訪問するため、その予約データとマッチングさせることで料金の徴収の業務を自動化できる。

・客室数に合わせてフロントに数台設置するのみで、ほぼ全ての料金徴収とルームキー発行を省人化できる。

・自動精算機は既に専用のメーカーが何社かあり導入はポピュラーになりつつある。



・ビジネスホテルでは殆どの宿泊客が予約をしてから訪問するため、その予約データとマッチングさせることで料金の徴収の業務を自動化できる。

・客室数に合わせてフロントに数台設置するのみで、ほぼ全ての料金徴収とルームキー発行を省人化できる。

・自動精算機は既に専用のメーカーが何社かあり導入はポピュラーになりつつある。



・インバウンド需要が増えている現在では、外国人観光客の流入をいかに増やすかがホテル運営において肝要な部分となる。

・タブレットによるテレビ電話機能を利用して翻訳オペレーターに接続し人間の翻訳による会話を行うことができる。

・機械翻訳やテキスト翻訳と異なり、入力ミスによる運用の混乱や時間のロス等が発生しない。



ロビー

・照明器具やテレビ、空調設備はホテルの客室には欠かせないものだが、現在のほとんどのホテルではそれぞれのデバイスをリモコンや客室内にあるスイッチで制御している。

・オートロック施錠と同時に客室内の家電製品の電源が落ちる仕様になっているホテルも多いが、一部のホテルは物理的に電源を落とさなければならない仕様が残っているところもある。

・全客室をオートロックに改装するコストは莫大であり、ホテル側にとって大きな負担となる。

・既存で使用している家電製品やデバイスをIoT化する。

・従来のリモコンの役割を果たす赤外線通信のデバイスを1つに集中させ、ターミナルのような役割を持たせる。

・そのターミナルデバイスとスマートフォンの間はWi-fiでデータ通信を行うため、リモコンを複数持たなくてもスマホ一つで電源やデータの制御が可能となる。



ロビー

・宿泊客からの問い合わせは内線電話やフロントでの応対が多数を占めるものの、問い合わせ内容のほとんどはパターンが決まっている。

(例:客室の施錠、解錠の方法、客室内設備の利用方法、アメニティの補充 など)

・ホテルの客室内やフロント横の位置にスマートスピーカーを設置することによって、それらの定型的な対応が可能にする。

・スマートスピーカーとは声による指示や命令を可能にするデバイスのひとつ、人間と会話するような感覚でやり取りが可能であることから、機械に弱い年配のユーザーでも簡単に取り扱うことができる。

・前述した客室内に設置するIoTデバイスと組み合わせることによって、スマートフォンだけではなくスマートスピーカーを経由してデータのやり取りも可能になる。

・スマートスピーカーはカスタマイズ性に富んだIoTデバイスのひとつで、個別に特定のアプリケーションと連携したり、あらかじめ質問内容を想定し回答を設定したりすることも可能。

・外国語に対応し、インバウンド客の取り込みに期待できる。


予想される導入効果

ロビー

上記の様なホテルのオペレーションを省人化、最適化するIoTサービスを導入するとどのようなことが期待できるでしょうか。

リネンモニター等の清掃データの共有は、ホテル運営上見えづらいものの非常に大きなロスになっている可能性があります。
日銀がまとめた「雇用人員判断指数」によると、宿泊、飲食サービス業がもっとも人員が不足している業界であり、その中でも清掃員は休みなしで働かなくてはならない状況があります。

ウェアラブルデバイスや、スマートデバイスによるデータの共有により、ある意味クリティカルなホテルの人員不足の問題を解決できる可能性があります。
それに合わせて、賃金の高騰化による利益率の低減や、人材不足による求人の手間や費用を抑えることができるようになります。



ホテルの業務は接客業でありながら、鍵の発行、預かりや料金徴収などヒューマンエラーが起きやすい分野に多くの時間を割かれている可能性があります。


自動化やRPA(ロボットによる業務自動化)は現在導入ハードルが下がっており、単一のサービスとしても広く成立し始めております。

前述の通り、装置産業であるホテル業は一度建物を作って後に高収益化を目指すのはなかなか難しいため、IoT導入による省人化が利益改善の解決策になります。



近年、キャラクタールームや、ロケーションに拘ったコンセプトホテルの中には、「IoT技術を集めた」ということをPRしているホテルもあります。
IoT技術はオペレーションミスによる対応待ちや、清掃員とのバッティングが起こらなくなることで宿泊客のすごしやすさ等と直結している部分があります。

そのため、IoT導入による満足度向上、IoTという最新設備導入によるイメージ向上等が期待できるかもしれません。



現在の客室内設備をスマートフォンやスマートスピーカーと連携できるIoTデバイスにカスタムすることによって、経済的負担を軽減しつつも顧客満足度の向上に役立ちます。いわば既存で使用している家電製品やデバイスをIoT化するということでもありますが、これは技術的にもコスト的にもそれほど難しいものではありません。

スマートスピーカーによるスピーディーで正確な顧客対応が実現することによって、宿泊客の顧客満足度は飛躍的に向上していくと考えられます。



ロビー

ホテル業界において収益率向上のカギとなるのが、人件費などのコストのほかにインバウンド客の取り込みが挙げられます。

年々増加する外国人観光客は、今や日本の観光産業を支える屋台骨でもあります。インバウンド客による経済効果は莫大で、その恩恵をいかに享受できるかが大きなカギとなります。

外国人観光客の多くはスマートフォンやIoTデバイスなどに対して抵抗を抱くことも少なく、むしろ積極的に利用してくれる傾向にあります。平成28の総務省の調査によると、特に中国やアメリカにおいては、6割を超える企業が積極的にIoTの標準化に取り組んでいることが分かります。


※(http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h28/html/nc123110.html)

スマートフォンやタブレットなどのデバイスはもちろん、スマートスピーカーによる外国語案内を積極的に導入することによって外国人観光客の取り込みに成功する確率は高くなるといえます。



ホテル業界においては今後ますます自動化が進んでいくと思われます。

IoTの技術とロボットの技術を組み合わせ、客室や廊下、共有分などの清掃をロボットに行わせることも技術的には可能になっています。

また、ルームサービスなどもホテルの従業員が行わず、専用のロボットを稼働させる未来もすぐそこまで来ています。一部のカフェではコーヒーを指定の座席まで届けるロボットまで登場し、実際に稼働しています。

ユーピーアールの提案・強み

ロビー

ユーピーアールは、古くはユビキタス、M2M等の言葉の時代から遠隔監視、遠隔制御などのIoTソリューションのご相談を受けてきました。

そのため「IoTシステムの導入による効率化をしたいけど、どうしたら良いかわからない」といった企業様のお悩みを多数お受けしてきております。

専門性の高い内容をお伝えするのではなく、お客様の情報、技術、予算的な様々なお悩みに対してどのように解決すべきかご相談に乗ることが出来ます。



ユーピーアールの独自IoTプラットフォームである「UPR OCEAN」によってIoTシステムの構築の負担を大幅に低減できます。

IoTシステム構築の際に手間がかかる、それぞれのセンサーとシステムの接続のためのインターフェース開発、どのような機能を実装するかのアプリケーション構築等、IoTシステムの構築の際には非常に大きなコストを負担する可能性があります。

「UPR OCEAN」であれば、そういった一からのシステム構築の負荷を軽減し、作業を短縮することができます。



長年のIoTソリューション提供による、多数のパートナーと協業してまいりました。

1社の川上から川下まで全て提供する、ワンストップのIoTソリューションではデバイス開発、アプリケーション開発、システム設計など多数の役目を1社で行わなければならなくなります。

ユーピーアールでは自社で全てをご提案できるワンストップのソリューション、パッケージをご用意しながらもお客様のご要望に合わせて最適なデバイス、設備、パートナーを選び、満足度の高いシステム構築を行うことが可能です。

ご導入の流れ

豊富なIoTのノウハウで、現場のお困りごとを解決。
ユーピーアールのIoTソリューション。

uprのIoTに関するお問い合わせは
こちら

お問い合わせ

RELATED SERVICES