お問い合わせ
LOGISTICS IoT SOLUTION
物流IoTソリューション
トイレのIoT化による生産性とセキュリティ性の向上

【活用事例】
トイレのIoT化による生産性とセキュリティ性の向上

想定される課題

順調に成長していった企業だが従業員数が多くなり、常駐の協力会社もオフィスのトイレに行っても入れないといったことを
繰り返すようになり生産性の低下と従業員のストレスが上がってきていた

要素技術・役割分担

IoTトイレに導入の実績
イメージ画像
(空満表示のイメージ)

ユーピーアールの強み

IoTトイレ導入の効果

利用者がトイレの空満状況やドア開閉を現地までいかなくても把握することができるので何度も確認しにいったり、トイレ内で並ぶ等の無駄な時間が無くなり、かつ業務時間内にただ我慢して何時トイレが空くかわからない中トイレを待ち続ける等のストレスも格段に解消されたため従業員の満足度が向上した


普段から努力して働いている従業員でも少々の休憩等でトイレを長時間占有してしまうことがあり、それに引きずられてトイレを利用できなくなる従業員がでてくる、等の非常に効率の悪い状況がおきていた
しかし社内の利用率や稼働率、占有率のデータを見える化されることにより各従業員のトイレ利用モラルが向上し利用率の最適化が行われ従業員の生産性が上がった


夜間におけるトイレへの侵入や従業員以外のトイレの長時間占有等が問題になっていたがアラートを利用することで不審者の侵入の察知がシームレスに行われるようになり、非効率な定期巡回も不要になった


IoTトイレのその他分野における活用

トイレのIoT化の利点は、空室状況の“見える化”だけにとどまらない。近年は、スマホの持ち込みなどの影響により、トイレの滞在時間に変化が見られるが、IoTの活用により、具体的なデータとして数字を蓄積することができる。それをもとに、清掃・トイレットペーパー交換のタイミングを最適化すれば、コストカットにつながることになる。また、便座に座っている時間を測定し、“大”なのか“小”なのかを見極め、それぞれに流す水の量を自動化する仕組みを導入すれば、節水までも実現できる。


ある人物のトイレの滞在時間が長いとして、時間だけであれば、体調が悪いのか、スマホで遊んでいるだけなのかはわからない。そこで分析装置を取り付ける仕組みも、近年は導入が試みられている。尿成分や便のにおい、画像撮影、微量の潜血など。トイレを活用することで、様々なデータを収集・解析でき、年に1回の健康診断だけにとどまらない、従業員の健康管理を実現できるのだ。空室管理にとどまらず、トイレのIoTには、幅広い効果が期待できると言えるだろう。


豊富なIoTのノウハウで、現場のお困りごとを解決。
ユーピーアールのIoTソリューション。

uprのIoTに関するお問い合わせは
こちら

お問い合わせ

RELATED SERVICES