お問い合わせ
LOGISTICS IoT SOLUTION
物流IoTソリューション
介護向けIoT サービス付き高齢者住宅での見守りシステム

ネットワークカメラ(IOT)
を利用した遠隔監視システム構築
【活用事例】

防犯カメラは私たちの生活の身近なところに浸透しており、セキュリティ対策として一般家庭に設置するケースも当たり前の時代になりました。もっとも典型的な例が自動車へ設置するドライブレコーダーではないでしょうか。万が一の事故やトラブルがあった際に証拠として残すことができ、ニュースや動画サイトなどでもドライブレコーダーで撮影された映像が流されています。
このように、防犯カメラは個人レベルでも手軽に設置できるようになったこともあり、セキュリティ対策として防犯カメラを設置する企業が続々と増えています。最近ではIoTを活用したひとつのツールとして、ネットワークカメラを利用した遠隔監視システムも構築可能となっています。しかし、遠隔監視システムの導入にはクリアしなければならない課題もあります。

想定される課題

セキュリティ対策としてネットワークカメラの活用は有効ですが、単に撮影をして録画をするだけでは決して万全とはいえません。広範囲な撮影ができるようにカメラのアングルを変えることができ、パソコンやスマートフォンなどからいつでも確認できるような遠隔監視システムを構築することが必要です。これはセキュリティ対策としての最低限の機能といえます。

しかし、ここで問題となるのが「コストの問題」と「操作性の問題」です。

遠隔監視システムを1から構築するためには、ネットワークカメラの選定、インターネットへアップロードするためのネットワーク、IoTセンサーや監視システムのユーザーインターフェースの開発など、多額のコストを要します。

また、従業員の誰もが簡単に操作できるようなユーザーインターフェースを開発する必要もあります。ユーザーインターフェースの操作性が分かりづらいと、万が一のトラブルが発生した際に適切な対応を取ることができず、セキュリティ対策ツールとしての役割を十分に果たすことができません。

このように、セキュリティ対策の一環としてネットワークカメラによる遠隔監視システムの導入は有効ですが、そこには解決しなければならない課題があります。

防犯用監視カメラのIoT分野における現状

これまでの監視カメラといえば、単に撮影をして録画をするという機能がメインであり、録画をした映像は特定の機器でしか見ることができませんでした。 しかし、現在はIoTのテクノロジーを駆使したネットワークカメラが主流となっています。「カメラ×インターネット」の機能が融合したことにより、撮影した映像をいつでもどこでも確認できるようになっています。

ネットワークカメラのなかには人感センサーなどの機能が付帯した製品も多く、人が侵入してきたり、モノが動いたりすると録画を開始します。さらに高機能な製品のなかには、顔認識機能によって家族以外の侵入者を検知して録画を開始するというものも。
このように、防犯カメラはインターネットやIoTセンサーとの融合により、従来の製品に比べて圧倒的に高機能化しているという現状があります。

さらに、従来の防犯カメラに比べてカメラ自体の性能も飛躍的に向上し、映像の精度がアップしています。そのため、顔の表情や細かな文字までも判別できるようになり、セキュリティ対策や防犯に対して大いに役立っています。

要素技術・役割分担

ユーピーアールの強み

導入の効果

ネットワークカメラで撮影した映像をシステム上で閲覧できるため、社内の複数の人間が同時に確認することが可能です。仮に、操作に不慣れなスタッフが設備を動作させていたとしても、トラブル発生時には遠隔地からでも社内の専任の担当者、もしくはユーピーアール側でも現地の映像を確認しながらメンテナンスをすることが可能です。
また、システム上で映像情報を遠隔地と現地で同期させることができるため、IoTツールの導入に際してのスタッフの不安を取り除くこともできます。 これまで導入した遠隔監視システムの活用事例と導入効果をご紹介しましょう。

ネットワークカメラによる遠隔監視システムの活用事例と導入効果


ある液体洗浄剤メーカーの事例では、機械のメンテナンス工程に当社の遠隔監視システムが活用されています。
通常、機械のメンテナンスは目視によって機器一つひとつを監視しますが、その工程を遠隔監視システムによって監視することで、業務効率の大幅アップ、人件費削減に大きく貢献しています。


メガソーラーなど大規模な設備は山奥などの遠隔地に設置されていることがほとんどです。ネットワークカメラで遠隔監視をすることで、例えば「気がついたら蓄電していない」といった運用上のトラブルを未然に防ぐことが可能です。もちろん、設備自体へのいたずらや侵入などを防ぐセキュリティ対策としても有効です。

成長するネットワークカメラ(IPカメラ)市場
毎年14%以上の規模で伸びていると言われているネットワークカメラ市場。2020年には300万台に迫る勢いであるという現状があります。世界的なスポーツイベントの開催、世界中のテロ問題など、セキュリティ対策への意識の高まりはもちろんのこと、ネットワークカメラを活用した遠隔監視はセキュリティ以外の分野においても注目されています。
また、4G・LTEの他に、最新の通信回線「5G」のサービス開始が間近に迫ってきています。さらに映像の高度化、解析技術の向上に伴い、遠隔監視はセキュリティ対策のさらにワンステップ上のステージで活用されることになります。

次世代におけるネットワークカメラの活用事例


ネットワークカメラは今後、技術の発展とともにセキュリティ対策以外のさまざまな分野で活用が広がっていくと考えられます。
身近な例としては、コンビニエンスストアなど小売業界のマーケティングツールが挙げられます。コンビニではお会計の際に「性別」「年齢層」などの情報を記録することで、どの世代がどのような商品を購入しているのかを調査しています。これを高精度なネットワークカメラの映像で遠隔監視をすることで、ビッグデータ上に多くの情報を自動的かつ瞬時に蓄積できます。スーパーマーケットでも、どの売り場にどんな客層が集まっているのかを分析することで、商品陳列に役立たせることができるでしょう。


ネットワークカメラの映像が高精度化した現在では、交通量調査などの仕事も人間の手によるものではなく、IoTを駆使したネットワークカメラによって代替が可能と考えられます。人間の手による調査では避けては通れないカウントミスや、アルバイトの人件費抑制にもつながります。


今後ロボットを活用した無人店舗も増えていくでしょう。大手携帯キャリアがロボットだけの無人店舗を試験的にオープンした例や、九州にある有名テーマパークにはロボットを活用した無人のアトラクションもあります。労働力人口が不足する日本社会において、IoTやロボット、AIなどを活用し店舗の無人化は進んでいくと思われます、そのような中で、店舗の遠隔監視システムは必要不可欠な存在といえます。

上記で挙げたものはほんの一例であり、ネットワークカメラの活用方法はセキュリティ対策以外にもまだまだ無限にあります。ユーピーアールのIoTソリューションは、企業のさまざまなニーズに合わせて遠隔監視を提案します。セキュリティ対策だけではなく、まだニーズとして見えない新たな価値の提案をすることで、多くのクライアント様に導入いただいております。もちろん、個人情報保護の観点から導入へのハードルが高いという企業も少なくありません。そのような課題も想定しながら、ベストな方法のソリューションを提案させていただきます。

IoTの技術力とソリューション提案力

ユーピーアールのソリューションは、単に製品を売るというものではありません。IoTの技術力とコンサルティングによって、企業、個人などが持つ課題、社会問題を解決に導きます。
特定の機器を扱うメーカーではないからこそ、幅広い選択肢のなかから総合的に遠隔監視の活用を提案できるのもユーピーアールの強みです。IoTを導入しやすいベストなデバイスを選択し、自社で持つIoTプラットフォームを活用して、さまざまなニーズに応えることができます。
また、自社で開発スタッフを抱えているからこそ、今までに事例のない遠隔監視システムの開発も実現できます。セキュリティ対策以外でも現在抱えている業務の課題や悩みを、ぜひ一度当社へご相談ください。


ご導入の流れ

豊富なIoTのノウハウで、現場のお困りごとを解決。
ユーピーアールのIoTソリューション。

uprのIoTに関するお問い合わせは
こちら

お問い合わせ

RELATED SERVICES