お問い合わせ
LOGISTICS IoT SOLUTION
物流IoTソリューション
農業向けIoTによる屋内野菜栽培運営

【活用事例】
農業向けIoTによる屋内野菜栽培運営

ユーピーアールの農業IoTソリューション

IoTとはあらゆるモノをインターネットに接続し、データの収集や可視化、分析する取り組みのことです。

物流IoTソリューションから始まったユーピーアールの事業ですが、農業分野にも進出しています。そして、他業種で得た豊富なノウハウをもとに、ビニルハウスや植物工場にソリューションを提供している実績もあるのです。


ユーピーアールはあらゆるデータを「見える化」することで、農業業界の発展に貢献していきます。



農業従事者の高齢化や担い手・後継者不足などの原因により、深刻な労働人口の不足がすすんでいます。

農業の発展に必要なのは、採算性の高い栽培・収益モデルの確立です。そしてモデルを作る重要な要素として「農業IoTソリューション」の注目が高まっています。



ビニルハウスや農業機器といったハードウェアによる効率化以上のもののニーズが増え始めた結果、センサーデバイス製造企業やIoT関連企業、環境関連サービス企業といったいままで農業業界と距離の近くなかった企業の参入が相次いています。



農作物の収穫量を上げるには、日々変わる自然環境に合わせて臨機応変に肥料や農薬、土壌のpHを変える石灰のほか、給水のタイミングや量、収穫の時期などを適切に変えていく必要があります。


同時に各資材に掛かる無駄なコスト削減も必須です。ただし、必要以上に削減してしまうと収穫量が減少してしまう可能性もあります。

これまでは熟練の技や経験を頼りに調整するのがほとんどでした。しかし、それでは若い農家は技術を習得の前に生活自体が立ち行かなくなってしまうケースがあるのです。実際に農業従事者の高齢化が進み、若い担い手や後継者不足が深刻化しています。

どれだけ効率的・効果的に、出来るだけ早く高く売れる作物をたくさん作るかが農業の発展には必要不可欠なのです。

農業IoTで解決できる課題

ユーピーアールでは、農業IoTを導入することで「スマート農業」を実現します。

ビニルハウスや植物工場の作業内容や環境、生育等のデータを「見える化」することで、従来の「経験」や「勘」に頼っていた部分がデータ分析による客観的な情報に変わります。例えば、環境データと生育状況の対比により栽培計画の立案や客観的な経営判断が可能になり、より効率的・効果的な栽培が可能になります。


データをもとにした栽培により、ビニルハウスや植物工場での栽培を平準化するとともに情報の共有により成功例・失敗例による効率的な学習ができるようにすることで、技術の向上の迅速化を図れます。


スマート農業では植物工場や大規模農業の経営を推進しています。一般的に圃場の規模が大きくなるほど作業は煩雑になりがちです。しかし、IoTを導入することで均一化した栽培が可能になります。

要素技術・役割分担

イメージ画像

デバイス

ネットワーク

クラウド

農業IoTソリューションにおけるユーピーアールの強み

物流IoTで経験したIoT技術で、ユーピーアールは企業や農業法人の農業IoTソリューション導入を支援します。ハウス栽培における品種、圃場に最適な各種の環境データを取得するセンサーを設置し、クラウドサーバーを介して、各指標が基準値を超えたときに、すぐにメールで知らせるアラート機能を搭載しており、迅速な対応が可能にしました。



クラウド


低コスト


現場設置

導入の効果

導入ユーザーは建材・資材の販売や不動産業などを手掛けており、技術力やネットワークを活かしたビニルハウスや植物工場を運営しています。ビニルハウスや植物工場では無農薬栽培で高単価な農産物を提供することで収益化を図っています。


異業種の新事業だったため、割ける人的リソースが多くなかったが「なんモニ」による遠隔監視を採用したことにより、ビニルハウスや植物工場への定期巡視が不要になりました。これによりメンテナンスの向上と省力化の両立を実現しました。


異業種の新事業だったため、ハウス栽培におけるノウハウの蓄積が課題の一つだった。そこで各指標の環境データを集積することで、最も良い環境の維持を分析しやすく、ノウハウを蓄積しやすい環境を構築した。


データを逐次集積することで、最適なタイミングで適切な量の肥料等を挙げることができる。これにより、計画的な運営、栽培が可能になるためコストダウンにつながる。

ご導入の流れ

豊富なIoTのノウハウで、現場のお困りごとを解決。
ユーピーアールのIoTソリューション。

uprのIoTに関するお問い合わせは
こちら

お問い合わせ

RELATED SERVICES